スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
ブログ移行のお知らせ
こんにちは!

わたくしめ、何個も分かれてブログを管理していたのですが、
このたび、ブログを一括化することにしました。

★新サイト名★
comocomo.cafe コモコモカフェです。

この
あいうえおままごと帳は、そのままカテゴリーに残しております。
今後ともどうぞ、よろしくお願いいたします!!!
スポンサーサイト
[2011/03/30 20:53] | おままごと帳 | トラックバック(2) | コメント(1) | page top
「ち」あき
「ち」ちあき


ちあき画像

ちあき。
わたしのなまえ。

生まれたときからそう呼ばれてる。
だからなのか、とっても気に入っている。
あやうく「ふさえ」になるところだったらしいと言う話は、今は置いておいて。

小さい頃は
小説家とかアナウンサーとか歌手になりたいとかなんやかんやと言っていた。

あらあらと時がたち、子供服が学生服になり、学生服がスーツになって、
今やスーツを脱いでいる。

汗をかきながら泣き笑いしながらふわふわと漂って、大事なことを知っていった。
迷子にもなった。
立ち止まったりもした。

そんなわたしは今、
小説家でも歌手でもない。
多分一生ならないのかもしれない。
人にわかりやすい肩書きなんか、もういらないのかもしれない。

これからもずっと「ちあき」は私のなまえ。

今私がなりたいものは、
ちあきそのもの、であります。


今日も、いちにち、いい日でしたか?
[2011/02/15 22:24] | おままごと帳 | トラックバック(1) | コメント(2) | page top
「た」たずむ
「た」佇む

佇む

夜の街角に佇んで、おもう。

色んな人が歩いている。

顔も性別も趣味も、着ている服装も
それぞれみんなちがう。

おんなじように
物事の捉え方だって
考え方だって違って当たり前なんだろう。

今、全く同じ気持ちでこの場所にいる人はいない。


時計を見る。
約束の時間、10分遅れてる。

もうすぐ走ってこの場所にやってくる人がいる。

すこしでも自分と同じ気持ちだといいな。
なんてね。

夜の街角に佇んで、おもう。
[2010/08/23 17:22] | おままごと帳 | トラックバック(2) | コメント(0) | page top
「そ」らみみ
「そ」空耳

そら耳画像

石畳を歩くと、言葉が降ってきた夏の日。

懐かしい気持ちが訪れる。
これは昔自分が体験した気持ちなのか。
想像してるだけなのか。

ふいに呼ばれた気がして、空を仰ぐ。
どこにもいない。
空耳。

どうしようもなくなって振り返ると、
屈託のない笑顔がそこにあった。

太陽の光に反射してキラキラ光っている、
まるで開けたてのソーダ水の泡みたいに。

そのとき、
空耳は消えた。
わたしは確かにそこにいた。
[2010/07/23 09:34] | おままごと帳 | トラックバック(2) | コメント(0) | page top
「せ」なか
「せ」背中

背中画像

いつもより寝すぎた、日曜の午後。

このせまい4畳半の和室で
きみの背中を見ていたい。

まだ寝たりないとぼやく。
なんにも飾らないきみのそのままが好きだ。

レンズを向けると
写真は嫌ってそっぽむいた。

恥ずかしがりやのきみの背中が好きだ。
[2010/06/30 20:48] | おままごと帳 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。